東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会計理念経営 北岡修一の「闘う財務」 >> 月次試算表をじ~っくり見る

東京メトロポリタン税理士法人 会計理念経営

東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

月次試算表をじ~っくり見る

「毎月の試算表をどのように見たらいいんですか?」ということを良く聞かれることがあります。確かにいろいろな見方のポイントなどはあります。粗利率がどうだ、労働分配率はどうだ、など様々な経営分析比率もあります。これらは、当然、参考になることなのですが、でも、まずは経営者自身が試算表(損益計算書、貸借対照表)を、じ~~っくり見ることが、最も大事なのではないか、と思っています。

たとえ、わからないことがあったとしても、まずは、試算表を穴のあくほど見る、そして自分でどう感じるかを大事にすべきと思います。当然、会計のプロでない経営者の方々はいろいろな疑問が湧いてくると思います。なぜ、この数字はこんなに金額が多いのか、この費用項目には何が入っているのか、この費用がこれだけ増えたのはなぜなのか、雑収入には一体何が入っているんだ・・・いろいろな疑問が湧いてくると思います。
この自然な、素直な疑問を、まずは経理や顧問税理士に投げかけることから、経営者の会計に対する見方、経営に対する取り組み方が変わってきます。何度同じことを聞いても構いませんので、是非、担当者や専門家に聞いて欲しいのです。

経営者は格好つけているのか、どうでもいいと思っているのか、わかっていなくてもわかった振りをしたり、面倒がったりして、聞かないことが多いですね。ですから、私たち会計専門家も月次試算表の説明をして、社長が聞いてこなければわかっているのかな、と思ってしまうものです。しかし、実は意外とわかっていないんですね。何年も付き合っているのに、ある時「この経常利益は、借入金を返済した後のことなの?」などと、えっ?と思うようなことを聞いてきたりします。何だ、社長、全然わかっていなかったんだ...と、こちらも大反省ですね。

まずは見て、聞くこと、それが一番です。そして、各科目の内容などがわかれば、「この試算表を良くしていくには、どうしたらいいんだろう?」ということを、試算表を見ながら考えることです。想像することです。試算表の元になる、社長自身や社員の行動、お客様に対する対応、仕入先に対する対応、銀行に対してはどうしていこうか、その他試算表を良くするための行動を、想像をめぐらしてみることです。これが社長の言動につながっていくと思います。数字に裏づけされた言動ですから、突拍子もないものにはならないはずです。恐らく的を得た言動につながっていくと思います。これが大事なんですね。数字をベースにした経営、これが正に私どもが「会計理念経営」と言っていることです。

そのために、大事なのは、どういう数字にしていくのがいいのか、社長の思いだけではなく、勉強をすることですね。といってもそんなに難しい勉強をする必要はありません。まずは、何が一番言いかと言えば、顧問の税理士さん、会計事務所の担当の方などと話してみることです。どういう数字を目指していくのがいいのか。それと、勉強するのであれば経営者が書いた本などを読むのがいいですね。できれば、経営者が会計や数字のことを述べている本ですね。私のお奨めは稲盛和夫京セラ創業者の書いた「稲盛和夫の実学」という本ですね。経営者はこうやって会計を見るのか、ということが、とっても良くわかります。会計人から見ても大変勉強になります。

そして、もう1つ、手前味噌になりますが私がやっている「会計をベースにした高収益企業化セミナー」のような良い?セミナーに出ることです。このセミナーは、経営者のための会計のセミナーです。2ヶ月に1回くらいやろうと思っていますので、よろしければこのサイトのセミナーのページをご参照ください。

毎月毎月試算表を、じっくり見る、必要に応じて部門別の損益計算書や商品別、地域別など、社長が知りたいと思う資料を作成してもらい、これもじっくり見ていく、そしてどのような行動につなげていくのか、考えていく。これをやっていると企業はおのずと強くなっていきます。これは間違いないです。

そしてさらに、それを社長だけでなく、幹部の方々にも見せて同じように考えてもらう、さらには、一般の社員にも見せて実績の反省とこれからの行動計画を考えさせる、そのようにしていけば、どんどん会社は良くなっていくでしょう。

正に全員経営です。会計という結果は社員全員で共有し、社員全員の行動につなげていくことが大事です。
是非、そういう会社を共に目指して行きませんか?

東京メトロポリタン税理士法人
税理士 北岡 修一

<<北岡修一の「闘う財務」一覧

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です