東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会計理念経営 北岡修一の「闘う財務」 >> きちんとした会社が、結局は伸びている

東京メトロポリタン税理士法人 会計理念経営

東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

きちんとした会社が、結局は伸びている

これは私が最近思うことですが、冒頭のとおり「きちんとした会社が、結局は伸びている」のではないか、と感じています。どういうところがと言えば、たとえば、取締役会や株主総会をきちんとやる会社です。毎月の取締役会においても、定足数をきちんと確認して成立しているかどうかを宣言する、決議事項と報告事項を分け、決議事項は決議をきちんと取る、などです。多少形式的なことを言っていますが、やるべきことをきちんとやっているかどうか、ということですね。まあ、正直、やったからといって直接どうということはないのですが、そのようなことを継続してやり続けてきた会社は、結果として伸びているのです。これは私の周りの事実だけかも知れませんが・・・当然、そのような会議だけでなく、社内の稟議や事業計画の策定・運用などをきちんと実施している、なども入ります。

たとえば、上場会社の子会社など、短期間で比較的大きな年商になったりしますが、これは親会社が上場会社だから、その支援であっという間に大きくなっているんだ、ということだけではないように思います。以前は、上場会社の子会社だから当然では?みたいに思っていましたが、実はそうでもなく、売上はまったく新しいルートから上がってきていたりするのです。決して上場会社の子会社だから売上が上がったわけではないのです。社長を始めとした役員、幹部、社員の皆が一丸となってやってきているから、実績が上がっているのです。

個人が創業した会社などとは違い、上場会社の子会社は、上場会社の役員や社員だった人が社長をやりますから、最初からルールを守ること、しくみでやることは当たり前、と思っています。これが結構、重要なのです。創業社長は、お金も人もしくみもありませんから、とにかく売上を上げること、実績を上げることに血眼になります。多少のルール無視はお構いなしです。そんなものをやっていたらつぶれてしまうよ、と思っています。その代わり上場子会社の社長にはない、もの凄いバイタリティ、ハングリーさを持っています。どちらがいい悪いという問題ではなく、会社創業の経緯から致し方のないことです。どちらのケースも、すばらしい会社になる場合、そこそこにしかならない場合、全然ダメな場合、いずれもあるでしょう。しかし、恐らくこれは私の勘ですが、上場会社の子会社の場合の方が、うまくいく、いい会社になる確率が圧倒的に高いのではないかと思います。

当たり前だよ、という方もいらっしゃるかと思いますが、これは前述したように決して上場会社の子会社だから営業的に有利でうまくいった、ということだけではないということです。
要は、しくみをきちんと作り、きちんと運用したからこそ、また、変にズルなどをせずきちんとやっていこうという意識が会社全体にあったからこそ、いい会社になった、会社が短期間で伸びた、ということではないかと思うのです。

このことを個人の創業会社も、きちんと学ぶべきだと思いますね。要は、両方のいいところを兼ね備える、とういことが、いい会社・伸びる会社になるコツではないかと思っています。

個人の創業会社は、まずはとにもかくにも、売上を上げていかなければなりません。何の経営資源も持たない、志と夢だけの創業者は、そのバイタリティとパワーで突き進んでいかなければ、会社を立ち上げ軌道に乗せていくことはできないでしょう。しかし、それをやっていく中でも、しくみを作っていくことの大事さ、多少手間やコストがかかっても、会社としてやるべきことをやっていくこと、いわば上場子会社の発想を取り入れていくこと、私はこれが本当にいい会社にしていく、伸びる会社になるためには、重要なことではないかと思うのです。

何か非常にまとまりのない文章になってしまいましたが、創業会社+上場子会社の発想を併せ持つ、これを是非、創業会社にやってもらいたいと思います。

東京メトロポリタン税理士法人
税理士 北岡 修一

<<北岡修一の「闘う財務」一覧

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です