東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会計理念経営 北岡修一の「闘う財務」 >> 数字を頭の中に叩き込む

東京メトロポリタン税理士法人 会計理念経営

東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

数字を頭の中に叩き込む

私たちは、多くの会社の税務顧問・会計顧問として仕事をしています。この税務顧問・会計顧問としての仕事のやり方は、各会計事務所あるいは各担当者によって様々ではないかと思います。どれが良くて、どれが悪いということはありません。各事務所・各担当者の考え方や、お客様のニーズによって変わってくるものだと思います。

その中で私たちは、お客様から信頼を得て、いい仕事をするためには、まずはお客様のことを“良く知ること”だと考えています。特に数字については、徹底的に頭の中に叩き込んでおく必要があります。
私たちから見ればお客様は何件もありますが、お客様から見たら税務顧問は私たちだけです。お客様は私たちが、自分たちのことを良く知ってくれていると思っているでしょうし、そのように期待をしています。まず、私たちはそれに答えなければいけません。

基本的なところでは、株主構成はどうなっているのか、関連会社があればそれも含めて資本関係はどうなっているのか、そこでの課題は何なのか、これが頭に入っていなければなりません。その上で、年間の売上はいくらか、粗利益率はどれくらいか、前期はどの位の利益を出したか、繰越欠損がある場合はいくらあるか、欠損金の繰越期限はいつまでか、などは普通に頭に入れておく必要があります。

さらに、月次では、まず今いくら利益が出ているのか、それとも損が出ているのか、これは月次が出ればすぐに把握しておきます。真っ先にそこに興味がいかなければ、本当に会社(お客様)のことを考えているのか?などと、私は思います(たまにそういう担当者がいたので。最近はないと思いますが...)。
そして、毎月の固定費はどれくらいなのか、粗利率はどれくらいだから、毎月の売上としてはどれくらいなければいけないのか、現状は月の売上はいくらなのか、季節的な変動はどうなのか、というようなことは把握しておいて欲しいと思います。

さらに貸借対照表では、自己資本はどれくらいあるのか、借入金はどれくらい、年商に対して多いのか少ないのか、在庫の水準は、その他売掛金や貸付金の額や滞留の状況は、その他資産・負債の内訳に関する問題点など何なのか、などを把握しておきます。このような問題点は、常に月次で話題にして、経営者と一緒に対策を考えたりすることが重要なのです。経営者や幹部と一緒に話すことにより、お互いに刺激されてインスピレーションが湧いたり、いい解決策が出てきたりするものです。

このように、お客様の数字を良く知っておくことが、私たちの仕事をしていく上では大変重要です。数字を知っているからこそ、自分たちの専門知識を活かして、税法や会計上あるいは様々な経営上の提案やアドバイスができたりするのです。まずは、お客様のことを数字から知っていくことが、私たち会計人の使命なのです。

とは言え、たくさんあるお客様の数字をこと細かに頭の中に入れておくことは不可能です。大きな数字は覚えていても、詳細は忘れてしまうこともあります。あるいは様々なお客様の仕事をしていると、似たようなケースでこんがらがってしまうこともあります。違うお客様のことと勘違いして、言ってしまうような失敗例なども出てきます。

そこで重要なのが予習です。やはりお客様のところに行く時は、前期の決算書や内訳書を再度確認したり、前月のデータや前月に行った時の打ち合せメモなどを見て、どういう数字だったか、どういう課題があったかを思い出したり、あるいは宿題や検討事項となったことについての詳細な調査や資料作成などを行なっていくのです。スーパーマンではありませんから、行き当たりばったりですべてを覚えていて、対応できるということはありません。たまに準備ができずに行くと、いつもはスラスラ出てくる数字が思い出せなかったり、違うことを言ってしまったりして、疑問に思われたり、信頼を失ってしまうこともあるのです。そこは慢心しないでやっていかないといけないですね。

そういう意味でも私が心がけているのは、メモをとること、資料を残しておくことです。お客様とお話しながら、断片的でもいいので話したこと、お客様が言ったことなどをメモしておくのです。きたなくてもいいから、自分流にメモしておくのです。これがものすごく役に立ちます。1ヶ月もすると、本当に忘れていますから...何も書いていないと。断片的にでも書いてあると、そのメモと試算表などを見ていれば、1ヶ月経っても前月のことが思い出されてくるのです。真剣にそれを見ていれば思考がつながってくるのです。

このようなことをしなければ、とてもたくさんのお客様の税務顧問・会計顧問をすることはできませんね。数字を知る、そこから会社の内容を知る、そしてそれが税務や会計、経営のアドバイスにつながってくる、それがお客様からの信頼につながっていく、お客様がそれで喜び、感動してくれれば、また新たなお客様につながっていく。そのような信頼関係のつながりを、私どもの事務所は目指していきます。

東京メトロポリタン税理士法人
代表社員/税理士 北岡 修一

<<北岡修一の「闘う財務」一覧

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です