東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会計理念経営 北岡修一の「闘う財務」 >> お金をかけずに知恵を出す

東京メトロポリタン税理士法人 会計理念経営

東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

お金をかけずに知恵を出す

私も長いこと税理士をやってきましたが、最初から利益の上がる会社を作れる社長は、これをやっていますね。「お金をかけずに知恵を出す」ということです。ケチというのに近いと言ってもいいでしょう。もう少しいい言葉で言えば、「倹約精神に徹する」ということです。

会社を作ったばかりの頃は、当然、お金がありません。でも資本金分のお金はあります。うまく行かない経営者は、この資本金分までは使っていいと思ってしまうのですね。だから資本金で高い保証金を払って事務所を借りて、新品の備品を揃えて、会社や商品のパンフレットを作ったりしてしまいます。これでは、売上が立つ前にあっという間に資本金がなくなります。最初からこういう経営をやったのでは、余程売上が見込めていない限りうまくいかないでしょう。

資本金は、事業を始める種銭であり、会社を守ってくれる重要なお金です。事業を始める最低限の資金はそこから出していくのでしょうが、基本的には資本金は割り込んではいけないものです。その認識をまず持っておくべきですね。だからここまでは使うけれども、そこからは売上で得たお金を使っていく、というように思っていなければいけません。特に小さい会社は。

個人で会社を始めていくのであれば、最初から事務所はいるでしょうか?自宅でもいいし、どこかお世話になる方の事務所の片隅を間借りするとか、できるはずです。何を隠そう私も、税理士として独立した時は、先輩の自宅(自宅の一部を事務所にしていた)に机を1つ置かせてもらって、そこからスタートしました。

また、その備品だって新品を買う必要はありません。たとえば、取引先や知り合いの会社が移転するなどという話を聞いた時は、不要になる備品などをあらかじめもらっておくのです。先方としては移転先に持って行けず、結局は廃棄したりするので、タダでくれることが多いと思います。会社のスタート時の備品なんて、それで十分間に合ってしまいます。会社や商品のパンフレットもそうです。業者に頼んだり、大量に印刷なんかはせずに、手作りで作ればいいのです。その方が余程お客様に訴えられるパンフレットができたりします。何しろ会社スタートの時というのは、希望に満ち溢れていますから、思いのこもった資料ができるのです。そして、お客様によって相手のことを考えた資料をその都度作る方がより訴える力が強くなります。

創業の時は、お金を使うよりも、思いを込める、思いで動く、ということが余程大事だし、その方が大きなパワーが出ると思います。

むしろ、徹底的にお金を使わないで、思いと知恵でトコトンやってみる、と決めた方がいいと思いますね。お金を使えば何でも揃う、何でもやってもらえる、と思った途端、それ以上の知恵は出なくなるものです。よし、それで決まり、後は任せた、になってしまうのですからね。そこから先の創造性が途絶えてしまうのです。もったいないことですね。

これは何も会社のスタート時に限ったことではありません。常に言えることです。

それなりに会社が順調に回ってくれば、ちょっとしたことにお金をかけたことが、知らず知らず増えていってしまうのです。気楽に頼んだ定期サービス(保守や管理、月刊誌の購読等)、月額が大したことないので契約したリース料、定期的に出している広告、パンフレットなど販促のために費用、コストの高い名刺、諸々の会費など、経費というのは知らないうちに増えてしまうのです。

本当にそれは必要なのか、もっといいやり方はないのか、をよく考えて、「お金を出さずに知恵を出す」という考え方で見直してみることです。

会社の利益は言うまでもなく、売上-経費=利益 という計算式で計算されます。

利益を上げるのには、売上を上げることが最も重要ですが、マイナスされる経費をいかにかけないかも、とても重要です。売上は相手があって簡単には上がりませんが、経費は自分たちで決めればいいのですから、減らす方が簡単なのです。売上が減っても、経費が減れば黒字は確保できるのです。

是非、今一度「お金をかけずに知恵を出す」をモットーにして、いくら会社が順調になっても「倹約精神に徹した経営」をしていって欲しいですね。

東京メトロポリタン税理士法人
代表社員/税理士 北岡 修一

<<北岡修一の「闘う財務」一覧

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です