東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会計理念経営 北岡修一の「闘う財務」 >> 数字を愛するかのごとく大事にして、活用する

東京メトロポリタン税理士法人 会計理念経営

東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

数字を愛するかのごとく大事にして、活用する

会社の財務内容を良くしていく、いや、会社そのものを良くしていくためには、経営者が数字をじっくり見ていることが大事です。

月次に試算表が出れば、まずは、その数字をじっくり見ます。
貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)が、その基本となります。
これで全体像をつかみます。P/Lで今月の実績はどうだったのか、通期の実績はどうなったのかを見、B/Sでは現在の財務状態はどうなのか、今後の資金繰りは大丈夫なのか、などを見ていきます。

1つ1つの科目を見ていくことによって、なぜ、こんな数字になっているのだろう、と考えます。今月はこういうことがあったからな、とわかることもありますし、どう考えてもこの数字はおかしいな、と思うこともあります。また、この数字ではいかんな、何とかしていかないといけないなと思考を巡らしたり、なぜこんなことをしたのかと担当者の顔が思い浮かんできたりします。B/SやP/Lは、会社の1カ月間あるいは今期のできごとを、様々映し出してくれるものなのです。

不明なところは、経理や担当部署などにどんどん聞くことです。経営者が経営の観点から見る見方というのは必然的に違う目線になってきますので、どんどん質問を投げることは、彼ら彼女らにはもの凄く勉強になるものです。質問することによって、処理の間違いが発見されることも多いものです。経営者は真剣に経営に向かっていますので、間違った処理があると、敏感に気が付くものです。これは経理の技術とは関係なくわかるものです。

さて、全体のB/SやP/Lだけを見ていても、全体の傾向はわかりますが、その詳細を把握することはできません。そこで、今月や今期のB/S、P/Lを加工した様々な経営判断のための資料が必要になってきます。

たとえば、B/SやP/Lを部門別に表す資料であったり、実績と計画を対比した資料などです。全体の損益がわかっても、それがどの部門からいくら発生してきているのかわからないと、今後の手の打ちようがありません。足を引っ張っている部門があるのなら、早急に対処しなければなりません。

また、単月の資料だけでなく、P/Lなどは月次の推移で見た方が、様子がより的確にわかります。部門別に推移で見ていくことも必要でしょう。そのような推移表も必要になってきます。
さらに、前期との比較ではどうなっているのか?たとえば人員や店舗数などが増えていれば、それに応じて売上や利益も増えているのかどうか、などもよく見ておきたいところです。その意味では、既存店だけのP/Lなどの資料も欲しいところです。

B/Sにおいては、現在の資産・負債の明細なども毎月把握しておきたいところです。その中で不良資産などの異常なものがあれば、それをピックアップして早急に手を打たなければいけません。毎月、チェックに必要な最低限の科目明細も出しておく必要があるでしょう。

様々な分析比率の一覧表などを出しているケースもありますが、あれはどうですかね?比率だけが一覧になっていても、数字の羅列でピンと来ないし、見にくいのではないでしょうか。比率は最低限にして、B/SやP/Lに組み込んでおけばよいと思います。

このように経営者が毎月、あるいは毎週、場合によっては毎日、経営に関する数字を見ることは非常に大切なことです。そこから想像が働いて、新たな発想に結びついていき、経営が改革されていくのです。そのためには、もちろん数字だけではなく、現場や社員の動きなども把握していることが前提です。

今日私が強調したいのは、経営者は数字を愛するかの如く、じっくり見る、想像する(考える)、そして考えた結果を下に伝えていく、このようなことをして欲しい、ということです。数字は過去のもの、今さら見てもしょうがない、という経営者が結構多いものです。これにはがっかりします。私は決してそうは思いません。今までやってきた経営判断や行動が、数字で表されているというのは、大変貴重な情報だと思うのです。是非、愛を持ってこの情報を大事に見て、経営に活かしてあげて欲しいですね。

東京メトロポリタン税理士法人
代表社員/税理士 北岡 修一

<<北岡修一の「闘う財務」一覧

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です